僕だけのvalue

キモオタネクラぼっち女子大生の日常。

しょうらいのゆめ。

 

 

将来のことを真面目に考えなきゃいけない歳になりました(手遅れ)(もう遅い)

 

 

 

小さい頃からなりたい職業というものがなく、かと言って専業主婦も暇だなって思ってたので軽い気持ちで「これになりたい!」みたいに色々言ってましたね?

 

幼い頃を振り返って、なりたかった職業と諦めた理由を書いてみます。(叶ったのもある)

 

 

 

 

恐竜の化石掘る人

 

f:id:amarika_2001:20161022220629j:image

 

爬虫類が好きなので恐竜のソフビとか集めてました。リトルフットっていう恐竜アニメ映画を100000回くらいみた。

 

骨には興味無いので掘りたくなくなりました。

 

 

ダンスの振付家

 

f:id:amarika_2001:20161022221332j:image

 

踊りのフォーメーションや音にあったステップを考えるのが楽しくてすきでした。

 

20歳で振り付けの仕事をする機会を頂いて叶いました。

 

 

お医者さん

 

f:id:amarika_2001:20161022221203j:image

 

ぬいぐるみとお医者さんごっこをするのが好きでした。私自身も足や目の手術から膀胱炎(うわ)まで色々お世話になりました。

 

分数ができないので医学部に入れません。

 

 

AKB48

 

f:id:amarika_2001:20161022221636j:image

 

売り出し力の低い地下アイドルから名実共にトップアイドル集団になったAKB。歌詞も振り付けももちろんメンバーも全部可愛くて本当に大好き。

 

そもそもオーディションを受ける勇気がありませんでした。

 

 

キャバ嬢

 

f:id:amarika_2001:20161022221951j:image

 

いじめられっ子だったので素敵な衣装を着て人を会話だけで楽しませるキャバ嬢に畏敬の念を持ってました。

 

コミュ障を治すため20歳になってすぐ業界に飛び込んで叶いました。

 

 

 ペットショップの店員

 

f:id:amarika_2001:20161022222124j:image

 

動物が好きなので、毎日わんちゃん?ねこちゃん?に囲まれて仕事できたら楽しいだろうなと思ってました。

 

実際は売れ残ったペットを繁殖用に回したり、育ち過ぎないように餌を減らしてる現実を知って好きだからこそできないと思いました。

 

 

パリオペラ座バレエ団

 

f:id:amarika_2001:20161022222408j:image

 

世界最高峰のバレエ団。日本人で入団できたのは1人だけらしいですね…本当に技術レベルが高いし衣装も舞台装置もすごく豪華で憧れてました。

 

体型、技術ともに及ばす。

 

 

 

 

おわり。